住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

介護のための住宅リフォームをするにあたって

先天、或いは後天の疾患、事故による損傷、加齢による心身の機能低下等によって、日常生活に支障をきたした人々に対する支援を介護という。支え守ると言う意味を持つこの言葉は直接手を触れて支援する介助よりも意味が広く、専門性が高く医療を伴う看護より身近な支援として私達の生活の中に溶け込みつつある。

 

介護の担い手はヘルパーや介護福祉士、看護師と言った専門家のほか、当事者の身近な親族、特に子(実子か否かは問わない。時に甥姪や孫が介護にあたることもある)や配偶者などが主体となる。

 

また、介助は必要としないまでも生活上に特に配慮が必要な人々もおり、彼、彼女らを対象とした介護関係のサービスが全国に普及しているのが我が国の現状である。住宅を介護しやすい空間にリフォームするサービスもその一つである。

 

介護リフォームの定義は幅広く、手すりやフットライトの設置など比較的工期が短く簡便なものから、浴室の暖房設備の整備、戸口を広げる、壁を取り壊して空間に余裕を持たせる等間取りの大幅な改変に到るまで工事内容は様々である。

 

しかし、多くの場合、生活するうえで障壁となる段差などがなく、少ない動線で活動できるバリアフリーの状態に近づけるために工事が行われることに相違ない。

 

施工主が介護の担い手である場合と、本人が身体の衰え(もしくは将来それが起きることを見越して)による不自由を補うためにリフォームを行うケースが多く、それに付随して一括見積などの情報サービスも発展している。

 

また、防汚、防臭効果のある壁紙や加工等が開発され、より介護しやすい住宅を作りやすくなってきているとも言われている。

 

リフォームの際には、建築基準法等様々な法令やリフォーム減税などの制度が関わってくるので、素人だけで工事の内容を決めることは中々難しいと言われている。インターネット検索等でよい業者を探し、詳細を分かりやすく解説してもらってから施工することがリフォームの大原則である。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市